Fitness

【体験談】プチ断食(16時間断食)を一週間やってみた結果!

2020年12月16日

スポンサーリンク

ダイエット

こんにちは!最近ちょっと太ってきてしまったtappiです。

そろそろ体重を落としていこうかな?と考えていたところ、プチ断食というのが流行っていることを知りました。

 

悩んでる人

プチ断食って聞いたことあるけど、どうやってやるの?

断食って辛そうだけど・・・

 

このように、興味はあるけどなかなかやる気になれない方って多いと思います。

 

そこで、今回は私が実際に一週間プチ断食をやってみて、どのくらい痩せたのか、やってみた感想を皆様にシェアさせて頂きたいと思います。

 

 

プチ断食(16時間断食)のやり方

プチ断食とはファスティングの一種で、16時間断食とも呼ばれています。

方法自体は簡単で、一日の食事を8時間以内に済ませ、残りの16時間は何も食べないようにすればよいということです。

16時間何も食べられないって考えると大変そうですが、睡眠時間をその時間にあてれば実質8時間ほどの断食でよい為、比較的取り組みやすいファスティングであるといえます。

要するに16時間食べない時間を作ればよいだけなので、食べるものの制限は特に無く、何をどれだけ食べても大丈夫です。

 

プチ断食(16時間断食)の効果

胃・腸といった内臓を休ませる

ダイエット効果

肌質の改善

以上のような効果があると言われています。順番に説明していきます。

 

胃・腸といった内臓を休ませる

食事を摂ると内臓は活動します。

食事量が増えると内臓は疲弊し、機能は低下していきます。

しっかりと内臓を休ませる時間を作ることで正常な状態を保てるようになります。

目に見えない器官なので大事にしましょうってことですね。

 

ダイエット効果

ダイエット効果も期待できます。

16時間食べない時間を作ることで無駄な間食もしなくなりますし、摂取カロリー自体も減少するので自然と体重は落ちていきます。

なんでも食べてよいと書きましたが、もちろん栄養バランスも考えながら取り組むと尚良いですね。

 

肌質の改善

腸内環境が良くなるので血液がサラサラになり、血行が良くなります。

その結果、身体や肌の隅々まで栄養を届けられるようになり肌も綺麗になります。

 

 

以上のような効果が期待できると言われています。

それでは、実際に一週間プチ断食(16時間断食)をやってみて上記のような効果が出たのか報告させて頂きます。

 

 

一週間やってみた結果

プチ断食(16時間断食)を一週間やってみた率直な感想は、「そんなに苦じゃなかった」です。

基本的には12:00〜20:00を食べても良い時間、それ以外を断食する時間として過ごしました。

最初の2日は空腹で寝れないような感じでしたが、3日目以降は慣れなのか普通に寝れました。

 

体重の変化

before

 

 

 

 

after

 

 

 

 

 

before:75.40kg

after:73.75kg

1.65kgの体重減でした。

 

体質の変化

心なしか肌質も良くなった気がしました。

これも胃腸を休ませてあげた結果なのではないかと考えています。

8時間は食事制限無く好きなものを食べられたからなのか、便通は良かったですし、朝の目覚めもスッキリでした。

 

まとめ

食事制限をすると常にお腹が空いた状態で元気が無くなるのですが、今回食事が採れないのは睡眠時間を含めた16時間だけなので空腹感もそれほど感じなかったですし、何より好きなものを食べれるのでストレスを感じず一週間過ごせたのが一番良かった点でした。

 

体重も落ちて、肌質の改善にも繋がるのでプチ断食は個人的には大変おすすめです。

興味のある方はぜひ一度試してみると良いかもです。

 

 

 

スポンサーリンク

-Fitness

© 2021 T-プランニング Powered by AFFINGER5