Lifestyle

洗濯機の掃除(お手入れ)の方法・重要性について解説!

2020年12月7日

スポンサーリンク

洗濯機

悩んでる人

洗濯機が途中で動かなくなっちゃったんだけど、壊れたかな?

どうやら、我が家の洗濯機の調子が悪いみたいです。

調べてみると、排水エラーで止まってしまっている模様。

購入から6年、一度も掃除をしていないと不具合も起きますよね!笑

本日丸一日かけ徹底的に掃除して、無事に動きだしました。

 

皆様は、洗濯機の掃除ってされてますか?

この記事では、一般的な家庭用洗濯機の掃除(お手入れ)方法に関して書いていきたいと思います。

 

洗濯機って日常的に掃除が必要なの?頻度は?

悩んでる人

そもそも洗濯機の掃除って必要なの?

このように思っている方多いと思います。

実は、使用していると洗濯機の内部・外部には汚れが溜まっていきます。

洗濯機の代表的な汚れは下記の通りです。

洋服についた汚れ

石鹸カス

ホコリ

水垢

カビ

外部の汚れは目に映るので意識できますが、内部の汚れはなかなか気付けないですよね。

洗濯槽に関しては、1〜2ヵ月に一度は掃除をした方が良いです。

 

掃除(お手入れ)が必要な代表的パーツ

洗濯機本体の外側(ふた・パネル含む)

洗剤投入ケース

ごみ取りネット

排水溝・排水ホース

洗濯槽

各パーツの掃除方法について説明していきます。

 

洗濯機本体の外側(ふた・パネル含む)

洗濯機外部の汚れは、水拭きしましょう。

それでも汚れが取れない場合は、家庭用洗剤で拭き取ってから、水拭きで仕上げます。

ふたに関しては、裏側が想像している以上に汚れが溜まっています。頑固な汚れには歯ブラシでこするなどして落としていきましょう。

 

洗剤投入ケース

取り外して水洗いします。

石鹸カスの汚れが溜まってしまう箇所ですので、歯ブラシなどでこすって落としましょう。

 

 

ごみ取りネット

こちらも取り外して水洗いです。その際、裏返してゴミを取り除いておきましょう。

ネットが破損している場合は、すぐに新しいものと交換しておきましょう。(我が家の洗濯機もネットが破けており、それが原因でエラー表示が出てしまったようです笑)

 

 

排水溝・排水ホース

ホースを取り外し、ホース内部の汚れを掻き出しましょう。(我が家の洗濯機はこの箇所の汚れが特に酷かったです)

ホース内に水を流し、よく振ってから中の水を流すと簡単に取れます。

排水溝に関しては、市販のパイプ洗浄剤などを使って汚れを落としていきましょう。

 

洗濯槽

市販の塩素系漂白剤や洗濯槽クリーナーでお手入れしていきます。

「槽洗浄コース」のある洗濯機の場合は、洗濯槽にぬるま湯を入れ、塩素系漂白剤や洗濯槽クリーナーを使い運転スタートさせます。

「槽洗浄コース」の無い洗濯機の場合は、洗濯槽いっぱいにぬるま湯を溜め、塩素系漂白剤を入れて「洗い」をスタートして2〜3時間放置します。その後も3回ほど「洗い」を繰り返して、最後に「標準」コースで運転させて終了です。

 

 

まとめ

実際に洗濯機の掃除をしてみて、想像以上に汚れが溜まっていることが分かりました。

この状態で今まで洗濯をしていたのかと思うとゾッとします笑

皆様も一度ご自身の洗濯機を見てみて下さい。お手入れの必要性を感じるかもしれないですよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-Lifestyle

© 2021 T-プランニング Powered by AFFINGER5